自分に自信を持つ

不安で仕方がない。

もしかすると、自分に自信が無いのかもしれません。




承認を求めすぎない

「うまくいかないのではないか?」

「また失敗するんではないか?」

自分に自信が持てず、不安で仕方がない。

もしそうなら、少し考えてみませんか?

あなたは、相手からの認証ばかり求めているのかもしれません。

 

人には承認欲求があります。

承認欲求とは他社に自分を認めてほしいという欲求。

「ほめられたい」という欲求は誰でも持っています。

だからこそ、褒められるとうれしくなる。

これは、ある程度まではモチベーションアップにも役立ちます。

しかし、この承認欲求が限度を超えるとマイナスになります。

限度を超えると、相手に承認されるように動こうとします。

 

これは、相手の反応を見て行動しているということ。

自分の考えではなく、相手の考えに従って動こうとしてしまうのです。

こうなると、自分の自信はなくなります。

なぜなら、相手の考えに100%合わすことは無理だから。

承認されないと、自分はできないと思ってしまい自身が喪失されます。

 

ありのままの自分を受け入れる

もしそうかも、と感じるなら、承認されることを意識しないようにしましょう。

相手に合わせるのではなく、自分に合わせる。

自分のペースでいいんです。

承認とはある意味、比較でもあります。

誰かと比較して良い、相手の思った通りにしたから良い

 

承認されること自体は悪ではありません。

しかし、承認されるために行動するのはやめましょう。

ありのままの自分をまずは受け入れてください。

「これもできない。あれもできない」

それでもいいんです。逆に言えば

「これもできる。あれもできる」

可能性があるんです。

 

あなたを受け入れることができるのはあなた以外ありません。

まずは、そのままのあなた自身を受け入れましょう。

もし失敗しても「私らしくないな」と言葉に出していってみればいいんです。

 

相手に合わせすぎない。まずは自分に焦点を当てる。

そして、あなた自身を受け入れる。

このポイントをずらさないようにすれば、自ずと自信は出るはずです。

 

思考

Posted by kazu


PAGE TOP