依存と自立

依存と自立。

良く聞く言葉ですが、実際どんな意味だと思いますか?




依存と自立の違いとは

依存体質、自立しないとダメだよ、など依存や自立という言葉はよく使います。

しかしながら、どんな意味かと聞かれるとなんだかぼやけた感じがしませんか?

依存=責任感が無い

自立=責任感がある

このような認識の方も多いんじゃないでしょうか?

決して間違っていませんが、実はこのような違いがあるんです。

 

自立

自分の価値を自分で決めること

依存

自分の価値を相手に決めてもらうこと

 

自分自身で自分の価値を感じていますか?

相手の評価=自分の価値観

になっていませんか?

 

まずは、自分で自分の価値を決めること。

中には「うぬぼれ」だとか「自己中心的」と感じる方もいるかもしれません。

でも、自分以外でいったい誰が、自分の価値を感じているでしょう?

おそらく、自分以外いないはずです。

人の意見を受け入れるのは大事なことです。

しかし、すべて人の意見に「流される」のはよくありません。

全て人の意見に流されてしまうのは、自分の価値を相手に決めて

もらっている証拠です。

あなた自身の考え方に自信が持てないわけです。

 

まずは、あなたが、あなた自身の価値を感じ、肯定しましょう。

自分を卑下しないでください。

自己嫌悪に陥らないでください。

相手の意見に振り回され過ぎないこと。

廻りの合わせすぎないこと。

あなた自身の考えに自信を持つこと。

自立に一歩進むことで、あなたの目の前の風景も変わってきます。

まずは、あなた自身の価値をあなた自身で決めてください。

 

人生

Posted by kazu


PAGE TOP