人の為にしすぎないようにする

自分のことはそっちのけで、周りの人の期待や

望まれることをやっていませんか?

人の為にしすぎることは、自分にとっては良くないことなんです。





自分を大切にする

人に気を使うな、といえば冷たく聞こえるかもしれません。

しかし、自分のことを顧みず、他人にばかり気を使っているとしたら?

献身的に誰かに尽くしたり、求められる役割を果たすことは素晴らしいことです。

しかし、まずは「自分自身を満たすこと」ができていないと、

あなた自身のバランスは必ず崩れてきます。

自分が満たされておらず、相手のことを優先しすぎると、無意識的に

相手からの感謝や評価といった「見返り」を求めるようになります。

それがないと、不満に思ってしまったり。

 

人の為と書いて、「偽り」と読みます。

人の為と思って善いことをすることは「偽善」

そう言い切ってしまうのは、乱暴ではありますが、やはり

自分自身を大切にして満ち足りた状態にすることが優先です。

それでもエネルギーが余っていたら、相手に対して

「愛情」を与えることができます。

それこそが、見返りを求めない本当の、相手への気遣いです。

 

自分を満ち足りた状態にしよう

 

 

思考

Posted by kazu


PAGE TOP