RASフィルターを利用してツキのある人生にしよう

あなた自身の思い込みが、今という結果です。

実は、この思い込みには脳が関係しています。

脳はあなたが興味を持ったものを引き寄せてくるんです。




RAS(Reticular Activating System)で引き寄せる

脳には、とんでもなく優秀なナビゲーションシステムがあります。

それが、RAS(網様体賦活系)です。

難しい呼び名ですね・・・・

簡単に言えば、

自分が何かに興味を持つ → それに向かってナビゲートしてくれる

ってことのようです。

例えば、スマホがほしい!ってなると、自然とスマホの情報が目に入ってくる。

新機種、CM、携帯ショップなどなど。

家が欲しいな~と思うと、新築物件がやたら目に留まったり、不動産屋さんが

目についたり、物件の広告がバンバン手に入ったり。

実はこれが「RAS」の力なんです。

自分がほしいとか興味を持ったタイミングで情報が偶然にあふれているのではなくて、

通常も情報はあるけど、自分が興味を持った段階で、その情報を自分の脳が

セレクトしてかき集めてくれるわけです。

すごい機能だと思いませんか?

 

逆に言えば、自分が興味のないことにはまったく集中しないんです。

これをスコトーマ(心理的盲点)と言います。

固定観念も関係してくるようです。

ですから、脳のナビゲーション機能を理解しておかないと、非常に狭い範囲でしか

物事の情報を得ることができなくなってしまうんです。

 

ですから、興味を持つもの、考えることにも注意しておかないといけません。

自分が考えたこと、思ったことに対してナビゲーションは発動されます。

「自分はできない人だ」と思えば、自分ができないことをこれでもかと

脳は探しまくります。結果、「自分はやっぱりできない人だ」となり、さらに

「できない人」になっていきます。

これは、自分自身ができない人をイメージしているから。

そのイメージに合わせるように、RASナビゲーションは発動します。

逆に、「自分はできるんだ」そう思うことにより、自分ができることを

RASナビゲーションは探し出します。

すると、「意外に自分ってできるじゃん」となり、さらに、できることを探すので

「なんでもできるんだ」という自信を持つことができるようになります。

これが、RASのすごさです。良くも悪くも関係なく、あなた自身が思うこと、

興味を持つものを引き寄せまくってくれます。

 

ゴールを決める

このRASを使うのに、ゴールを決めるのもいい方法のようです。

ただし注意点があります。今の範疇ではなく、自分の心の奥底で感じている

ゴールです。考えると、ワクワクしてしまうようなゴール。

小説家になりたい、歌手になりたい、人を元気にさせる人になりたい・・・

ここでもう一つ注意点があります。

このゴール、自分だけが幸せになるのではなく、周りの人も幸せになる

そんなゴールを決めてください。周りの人に喜んでもらう。自分も幸せになる。

ここが非常に大切です。

一人だけ良くなることはまずありません。周りの人たちが喜びしあわせになることで

自分も幸せになります。

 

ゴールを決めれば後はRASナビゲーションに従うだけです。

ゴールに無事到着すようにナビゲートしてくれます。

ただここでも注意があります。

ゴールに行く途中「やっぱり自分には無理だ」と思わないように。

そう思うと、RASナビゲーションが「無理」な方向に合わせます。

「君には無理だ」「なにをつまらないことをやっているんだ」

そんな、廻りの責任のない言葉も気にしないように。

ワクワクする方、楽しいと感じる方に進めばいいんです。

RASナビゲーションはそれを教えてくれます。

 

こんなに素晴らしいRASの能力。

あなたにも備わっています。ぜひ使ってみてください!

 


PAGE TOP